9月19日川西市商工会館で2回目の勉強会を開催しました。

対象は地域の訪問看護師、ケアマネージャー、訪問介護士の方々で約80名がお忙しい中集まって下さいました。こんなにも多くの仲間が在宅チームとして支えになってくれていることを実感でき、感謝の気持ちでいっぱいです。

在宅で療養するにあたり必要となる費用の話や、在宅での癌末期にある患者様の看取りについてお話させていただきました。

また最後には病院と在宅における緩和ケアから看取りまでの実際を医師よりパネルディスカッションを通してお話していただきました。

地域で共に協働してくださる皆様に、少しでも終末期におけるケアやプランニングの参考になれば幸いです。

 

ちょっと私の感想として・・・。

 

院長の終末期における在宅療養についての熱い思いを熱弁してほしかったのですが、遠慮気味だったように思いました。(笑)

常に親身になってご本人の最期、ご家族のことも踏まえどうすることが最善なのかを考えてくれています。

また次回は来年1月を予定しております。是非院長の熱い思いを聞きに来てください。

 

Share Button