神経難病医療ネットワーク

厚生労働省が推進する特定疾患対策事業の事です。

 

パーキンソン病や脊髄小脳変性症など、様々な難病を持つ患者様が在宅で過ごすためには

地域の協力体制が必要不可欠です。

この神経難病医療ネットワークは、いざという時の受け入れ病院を中心として

難病の患者様が在宅で生活できるよう、患者様及び家族を支援するための

ネットワークです。

 

こうしたネットワークに参加する事で、より患者様の在宅療養に関する情報を得やすくなったり

いざという時の病院との連絡がスムーズになることが期待されます。

 

ひいては、それが、さくらホームケアクリニックを利用して下さっている

患者様の生活の質向上につながれば、と思っています。

 

Share Button