某医療雑誌からの依頼で取材を受けました

昨年12月3日、クリニックに記者さん1名・カメラマンさん1名が来てくれました

初めは緊張していましたが取材が進むうち、在宅診療にかける思いを語りだしたところ、熱くなりすぎてしまい、

予定の30分を大幅に越え、気が付くと1時間以上もしゃべってしまいました

記者さん・カメラマンさん、どうもすみません

出来上がった雑誌をみましたが、まとまりのない話がきれいな文章になっており、

且つ、私の思いをしっかりと表現してくださっていました、さすがプロだな、と感動しました

有難うございました

最後の写真撮影時には、笑顔が引きつらないように必死でした(結局変顔になってしまいましたが(笑))

初めての体験だったので緊張はしましたが楽しかったです

さくらホームケアクリニック院長 久保雅弘

Share Button