10月19日に市立川西病院が主催したPEACE研修会に講師役として参加してきました。

PEACE研修会とは、日本緩和医療学会の医師・看護師を対象とした緩和医療の教育プログラムのことです。

私自身も4年前にこの教育プログラムを受けました。

2日間に亘り講義とグループワークが繰り返され、頭も体も疲れ切ったことを思い出します。

この研修会によって、患者様やご家族の気持ちに寄り添うということをより深く考えるようになり、

在宅医として成長させていただけたと思っています。

今回は講師役として初めて参加させて頂きました。

地域医療連携のセッションを担当させていただきましたが、うまく講演できなかったと反省しております。

他の講師の中には、PEACE研修会での講演がこれで71回目という強者もいて、

講演内容、そのトークのうまさに、講師である私自身も引き込まれました。

その講師の先生に講演の秘訣をお伺いし、

『説教臭くならないように心掛けています』と仰っていたのが印象的でした。

次回、講演依頼があれば、少しでも実践したいと思っています。

院長 久保雅弘

Share Button