第14回日本在宅医学会大会で発表してきました。

演題は下記の3題でした。活発な議論ができて良かったです。

1.胃瘻カテーテル交換時における胃瘻用内視鏡使用の有用性について
2.在宅における末梢挿入中心静脈カテーテル(PICC)
3.在宅における持続硬膜外ブロックが奏効した難治性癌性疼痛の1例
胃瘻用内視鏡やPICCの使用経験のない先生方から、たくさんの質問を頂戴しましたが一つ一つ丁寧に返答させていただきました。在宅診療の質的向上にすこしでも貢献できたとしたら本望です。

また硬膜外ブロックの症例報告では、在宅での疼痛緩和もここまでできるということで、技術的なハードルはありますが参考にしていただけたのでは、と思っています。

演題2.のPICCに関しては『m3』から掲載依頼がありました。多くの方に参考となれば幸いです。

今後、しばらくは学会・研修はお休みさせていただき、診療業務に専念する予定です。

さくらホームケアクリニック院長 久保雅弘

Share Button